【2014 News】

◆2014/12/28-(日)◆

埼玉県2部リーグ第10節スプリズ戦が11月08日(土)和光体育館で行われ、

トータル2-2のドローとなりました。

 

相手は暫定最下位で降格圏内である為、立ち上がりから集中したプレーで運動量を多く消費します。

FC川越にとっては残留が既に確定している立ち位置で臨むこの最終試合ではモチベーションを低下させることなく来期に繋ぐことができるゲーム内容で勝利をあげることを大きなテーマとして臨みました。

 

消化試合にならないように各課題を持って臨みましたが懸念していた通り、全体的にミスが相次ぎリズムに乗れません。集中を欠いたプレーや無責任なプレーが散見され総シュート数では相手より下回りました。

 

リーグ最終戦にも関らず年間通して一番内容の悪いゲーム内容であり、全体的に「試合に臨む選手としての戦う意識」が欠けた内容だったと言えます。

 

結果はなんとかドローに持ち込むことができましたが、来期の為の課題抽出や今期続けてきた形や練習、まとまりを少しも出すことができず、リーグ最終戦を残念な形で終えることになりました。

 

日ごろの練習から士気を高く維持できるように、良質なコミュニケーションを課題としていきます。

今期も会場に足を運んでいただいた皆様、ご声援ありがとうございました。

来期こそは昇格に少しでも近づけられるよう努めたいと思います。

 

得点者

No2 山本2

◆2014/10/25-(土)◆

埼玉県2部リーグ第9節ラピド戦が9月28日(日)三芳体育館で行われ、

トータル0-1の敗戦となりました。

 

完全にブロックを形成しリトリートしている相手に対し、終始FC川越が押し込みますがフィニッシュの精度を欠き得点を奪えません。集中して引いたDFをする相手に対し単調な攻撃が続き意図したフィニッシュまで繋げることができません。

 

前線からのプレスも迫力を失い相手に起点を作らせゴール前までボールを運ばせ、あわや失点というシーンも見受けられDFにおいても課題の残るゲームとなりました。

 

重要な試合ではいつも取りこぼしてしまうメンタルの弱さも露呈。

この一敗で混戦となった今季のリーグ戦では上位争いから離脱する形。

 

最終節は来季に繋げることのできる有意義なゲームにしたいと思います。

応援にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

得点者

なし

 

◆2014/10/05-(日)◆

埼玉県2部リーグ第8節Nucleo戦が9月23日(火)和光体育館で行われ、

トータル5-3の勝利となり上位チーム相手に2連勝となりました。

 

両者ともに前線からプレスを激しく掛け合い両者の長所がぶつかり合う難しいゲーム展開。

前半立ち上がりから前半半ばまで落ち着かずゲームをコントロールできませんでした。

 

前半半ばから落ち着きを見せボール支配率を引き上げることに成功し、相手を押し込む時間帯を多く持ちます。リズムが出てくるとシュート数でも圧倒、前半を4-2で折り返します。

 

後半からもFC川越は運動量を多く消費し、前線から激しくプレスをかけ続けゲームをコントロール。時折カウンターを受け危ないシーンも有りましたが、後半は1失点のみ。


チーム全体が集中力を高く持ち、コーチングや士気を高める声が最も多かったゲームでした。

ゼロ失点を目標に設定していたこのゲームでは3失点を献上。今後も更に組織DFの精度を向上していきます。

 

応援にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

得点者

No6 原田1

No7 牛窪1

No2 山本1

No3 江川1

No8 一水1

◆2014/10/05-(日)◆

PUMAカップ3回戦、所沢ブリーフ戦が宮代体育館で行われトータル2-3で敗戦となりました。

 

全体的に集中力を高く持ち、内容は悪くありませんでしたが個人技に優れる相手に対し若干押し込まれる形となりました。シュート数は前半後半通じて差はありませんでしたが決定力の差がスコアに表れた形。

 

個人技の高い相手に対しても連動性を奪うことができ、意図のあるDFを組織で組み立てられたことは収穫となりました。一瞬の隙を突かれ3失点となりますが、個人の集中力に欠けたプレーや付いて行くところを付いていけない僅かな差によるものでした。

 

今後も組織DF、個人DF能力の向上をテーマにしていきたいと思います。

応援にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

得点者

No2 山本2

◆2014/09/15-(月)◆

埼玉県2部リーグ第7節AMX戦が9月13日(土)和光体育館で行われ、

トータル6-1の勝利となり連敗は3でストップとなりました。


守備から入ることを意識した今節では前線からのプレス精度向上とボールの取り所を明確にした結果、いい守備からいい攻撃に繋げることに成功し、終始FC川越が押し切った形となりました。

 

プレスをかけるタイミングにおいて全体で統一感を持ち、またアプローチのスピードを心がけ相手のボールロストを増やします。

 

DF時のコーチングの質・量においても全体的に向上し声の出る良好で集中した雰囲気でゲームを進め、失点は最小限に抑えることができました。

 

しかし、点差が開いてきた後半終盤においては足が止まり、相手のワンツーやカウンターに置いてかれてしまうシーンも散見され、攻守の切替が相手よりも遅れ攻撃時でもミスが重なり若干押し込まれる時間帯もありました。

 

更にDFの精度を向上し、なるべく上位に入り込みたいと思います。

応援にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

得点者

No2 山本2

No7 牛窪1

No15 臼井2

No14 圓山1 

◆2014/09/07-(日)◆

埼玉県2部リーグ第6節F.G.Salwooo戦が8月31日(日)三芳体育館で行われ、

トータル4-5で敗戦し3連敗となりました。

 

ポゼッションはFC川越が相手よりも高く維持しますが、ミスからカウンターを受ける際のDFの対応を誤り、失点を重ねます。

 

終始、両者にミスが目立ち攻守が目まぐるしく変わる展開となりますが、決定力の差がスコアに現れた形となります。


今節でもDFの精度を欠き5失点、リーグ消化試合数5に対し、失点数が20となります。

明らかにDFに課題が集まっており、今後DFの精度向上及び修正を行っていきます。

 

応援にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

得点者

No9 熊切1

No14 圓山2

No2 山本1

◆2014/09/07-(日)◆

埼玉県2部リーグ第5節GRANDE戦が8月16日(土)和光体育館で行われ、

トータル2-6で敗戦となりました。


シュート数、ポゼッション率ではほぼ五分五分でしたが、対人においてDFの判断が遅れるシーンが多く、押し込まれる時間帯が多くありました。

 

前半早々の3失点以降、追いかけるゲーム展開に焦りが見られ、プレーの質を欠き相手ゴール前でのシーンを増やすことができません。9番熊切選手の得点により1-3で前半を折り返しますが後半も3失点し、DFの精度に課題が残りました。


昨シーズンから失点数が多く、組織・個人に関らずDFの精度を改善する必要があります。

応援にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

得点者

No9   熊切1

No14 圓山1

◆2014/08/09-(土)◆
PUMAカップ初戦が、8月3日(日)岩槻フットサルコートで行われました。

対戦相手は同じ埼玉県2部リーグのAMXと対戦、トータル6-2で勝利となりました。

 

リーグ戦の合間を縫って行われるPUMAカップでは、人数調整がポイントになりますが、両者ともに少人数でのゲームとなり本来のゲームプランを設定できない状況。

 

猛烈な暑さの中少人数でゲームに臨む為、FC川越の特徴である前線からのプレスを封じハーフからゾーンプレスで体力を考慮します。前半立ち上がりから緩いゲーム展開でスタートし、両者ともにノープレスの為、ゴール前のシーンが多くありました。

 

14番圓山選手を軸にゲームを組み立て、少人数ながら6番原田選手、15番臼井選手がイニシアチブをとり良好な雰囲気でFP全選手が得点するなど快勝となりました。

 

またゴレイロ19番山田選手が2失点こそするものの、その後はしっかりシャットアウト。

広い守備範囲からアンカー的な役目もこなし、チームに多大に貢献してくれました。

 

次回PUMAカップは、9月21日(日)宮代体育館で行われます。

応援にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

得点者

No14 圓山1

No4   東海林2

No15 臼井1

No8   一水1

No6     原田1

◆2014/08/09-(土)◆
埼玉県二部リーグ第4節、GFC戦が7月26日(土)和光体育館で行われました。

 

このゲームでは終始FC川越が相手を押し込み支配率並びにトータルシュート数では圧倒しますが、守備のバランスが崩れたところを上手く突かれ失点を重ね、トータル4-5の敗戦となりました。

 

1失点目ではファールを見逃され不可解なジャッジから失点を喫しますが、2失点目以降チーム全体において不用意なボールロスト、DF時の1対1の軽さ、間違ったポジショニング等をゲーム中に修正できず苦しいゲームとなりました。

 

後半終盤では2-5のビハインドから17番鈴木選手をゴレイロに起用し、公式戦はおろか練習もしたことの無い開き直りパワープレーでなんと2得点。4-5まで迫り盛り上がりを見せますが、ドローに持ち込むことはできずここでタイムアップ。

 

プレッシャーをかけてくるチームに対して、イージーミスを最小限に抑え有効的にボール支配率を上げることが課題になります。

 

今節では全体的に不用意なボールロストが散見された上に、相手のカウンターの処理を誤ったことが大量失点に繋がったかと思います。

 

優勝、1部昇格は手の届く位置にある為、今後課題を更に修正し勝ち点を重ねていきます。

応援にお越しいただき、ありがとうございました。

 

得点者

No7 牛窪1

No9 熊切2

No17 鈴木1

◆2014/06/23-(月)◆
埼玉県二部リーグ第二節が6月22日(日)庄和体育館で行われました。

 

対戦相手はCaza Grange、2年連続で敗戦している苦手意識の強い相手でしたが、トータル5-3で勝利し開幕2連勝を飾ることができました。

 

序盤から両者高い位置からプレスを掛け合い互いにミスの多い立ち上がり。

 

ややFC川越がポゼッションを高め始めた矢先、ゾーンDFのずれから痛恨の失点を喫しますが、2番山本選手の技ありのゴールですぐに同点とします。

 

その後、相手の巧みなドリブルから勝ち越しを許しますが、すぐに追いつき2-2で前半を折り返します。

 

後半に入っても高い位置からのプレスの掛け合いは続き、互いの良さを消し合う難しいゲーム展開となりましたが、後半9分には終始落ち着きを見せた新加入の15番臼井選手のエンジェルパスから追加点、11分にはまたもゾーンのずれから失点を喫し同点3-3とされますが、16分にCKでねじ込み勝ち越し点、更には18分に9番熊切選手のゴレイロスローからの胸トラップ反転スーパーボレーシュートが炸裂し会場を盛り上げ、5-3でタイムアップ。

 

攻撃面ではプレスをしっかりかけてくるチームにおいて、ポゼッション率が低下することはやむを得ませんが、狙いのある攻撃、意図した連動性が少なかったことは今後の課題となります。

相手のプレスに慌てること無く、ワンツーや三人目の動きといったシンプルな崩しの精度を更に上げることが必要となります。

 

守備面ではゾーンDFの精度、各選手のコーチングの質が課題に挙がります。マークのずれ、1対1の対応の質の低さ、シュートで終われずカウンターにより何度もゴレイロと1対1の状態を招き、決めきられていれば敗戦したのはFC川越でした。

 

反面、先制点を許した後崩れずに持ち堪え同点更には逆転勝利を収めることができたことは前期より成長した点に挙げられ、全体的にミスが多くなった今節のようなプラン通りうまくいかないゲームでも結果が出せたことは大いに次に繋げることの出来る内容でした。

 

また、新加入の15番臼井選手が持ち前の堅実かつクレバーなプレーでチームに落ち着きを促し、柔軟な能力を発揮してくれたことは今後の采配についても大きな収穫となりました。

 

更には、ゴレイロの19番山田選手、16番若林選手においては失点シーンを除けば終始シュートブロックに切れ味を見せ何度もピンチを防いでくれました。

 

会場に足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。

開幕三連勝に向け、課題を修正していきます。

 

得点者

No2   山本1

No7     牛窪3

No9     熊切1

◆2014/05/16-(金)◆

5月11日(日)宮代体育館で行われたFUKAYA戦の写真を一部UPします。

 

◆2014/05/12-(月)◆
埼玉県二部リーグが遂に開幕!

5月11日(日)宮代体育館でFUKAYAとの試合が行われ、トータル3-1で勝利し幸先の良いスタートとなりました。

 

序盤から高い位置で積極的にプレスを掛け相手を自由にさせずミスを誘い、ポゼッションを高めることに成功します。FCkawagoeのリズムでゲームを運ぶと前半13分に期待の新加入14番圓山選手の豪快なミドルシュートで先制。前半を1-0で折り返します。

 

後半も試合巧者は変わらず相手陣内でボールを動かし、2番山本選手、再び14番圓山選手の得点で3-0とします。残り2分のところでキックインから隙を突かれ痛恨の失点を献上しましたが、相手を勢い付かせること無く冷静に対処しそのままタイムアップ。

 

得点シーン以外にもビックチャンスが多々あった中で、フィニッシュの精度を欠き3得点に留まってしまったことと、運動量の落ちる時間帯での攻守の切替の遅さからゴレイロとの1対1のピンチを何度も招いてしまった点においては課題が残りました。

 

収穫としては、終始試合巧者としてポゼッションを高めゲームを運び、意図のある攻撃を作り出せた点、またDFでは相手が高い位置からのプレスに対応できていないことを理解し運動量を使ってハードワークを課しボールの取り所を全体で意識統一できた点などは良質なファクターとなりました。

 

また期待の新加入14番圓山選手がいきなりの2得点、攻守において終始質の高いプレーでチームを牽引、圓山選手の積極的なプレーも大きな収穫となりました。

 

会場まで足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。

今年こそ一部昇格を達成できるように、飲み会を増やしていきたいと思います。

 

得点者

No14 圓山2

No2   山本1

◆2014/04/05-(土)◆

 2014年リーグ日程表をUPしました。 左記リンクからご確認下さい!

また過去シーズンのリーグ結果過去シーズンのNewsも掲載しています。

 

※過去のリーグ結果ならびにNewsは2011シーズンまで掲載しています。

 過去の成績やトピックスも合わせてご確認いただけます。

〓Next game〓

第6節 8月11日(金)14:00Kick Off

 

【相手】FUKAYA

【会場】熊谷体育館

〓メンバー募集!〓

FC.kawagoe では選手及びスタッフを随時募集しております。 フットサルを楽しみたい方、FC川越で是非活躍してください!

 

【練習日】 毎週1回木曜日

 

【時間】 21時~23時

 

【場所】 デサフィーオふじみ野

 

興味のある方はまず一度練習にご参加下さい!

お問い合わせ」からお気軽にご連絡下さい。

お待ちしております! 

 

〓Link1〓